MVNO | iPhone情報とMNPお得情報

初心者向け格安SIM(MVNO)購入ガイド 説明編

世の中 格安SIM 格安スマホ 等目にするようになりました。

しかし、初心者の人 私もそうでしたが、MVNO?MNP?なにそれ?
ソフトバンクと何が違うの? NTT ドコモと何がちがうの?auの私はどうすればいいの?
等、格安SIMの存在は知っていてもどうやって使えばいいかわからない人が多数だとおもいます。

そこで、基礎の基礎に返って格安SIMとは何か、どうやったら使えるのか、購入するにはどうすればいいのかをガイドします。
SIMSIMimages (7)

→『初心者向け格安SIM(MVNO)購入ガイド 説明編』の詳細ページへ

auの端末でMVNOできるmineo auのiPhone5sでお得に維持する

MVNOは、格安SIMで最近名前をしられていたが、欠点としてドコモの端末しか使えなかった。
しかしauの端末が使えるMVNOがあるので、調べてみました。

一括0円が多い au iPhone5SでMVNOをたのしもう
rp_gMahDFD-300x200.jpg
→『auの端末でMVNOできるmineo auのiPhone5sでお得に維持する』の詳細ページへ

MNPでiPhone5Cを買ったら auはLTE980円のみで維持する。MVNO 格安SIMでiPhone5Cを使い倒せ

MNPでiPhone5Cを買ったら auはLTE980円のみで維持する。MVNO 格安SIMでiPhone5Cを使い倒せ
iphone5s_color_2

MNPして、キャッシュバックの大きなところでiPhone5Cを手に入れて下さい。

今ならTwitterのツイートを検索で MNP,iPhone5C,30000円,キャッシュバックとか検索キーワードで探すと見つかります。

なぜAUなのか?

auは、LTEプラン980円だけで契約可能です。
その他のキャリアは不可能です。

30000円キャッシュバックもらうち、事実上端末は無料です。
事務手数料 3150円に 980円 × 24ヶ月 =23,520円  合計26,670円
これなら、iPhone5Cを無理なく持てます。でもデータ通信こまりますよね。
従量制はらっていたら、とんでもない金額を請求されます。

 

これで事実上無料で、iPhone5Cがてにはいりました。
こでパケット通信 データ通信はどうするかといえば、格安SIM MVNOを使います。
AUのSIMを抜いて 月 980円の BIGLOBEならば、3G回線でフルスピート 1GBまで可能です。

MVNOってなに?

 

わかり易く説明すると、飛行機の格安Ticketみたいなものです。
エアDOとかありますよね。

アレと一緒で、ドコモの回線を利用しつつプロバイダーはドコモではなく、BIGLOBEやDTIなど
インターネットサービス会社になります。

なぜ安いかといえば、データ通信のみに限っている事と、速度制限や総量制限がかかっていること
でしょう。

 

どこがいいの?

 

お勧めはOCNです。


まず、格安SIMにありがちな3Gの速度制限がありません。
フルスピードです。

980円なら 1日30MBまでフルスピード 1280円なら 1GBまでフルスピードです。
通常利用なら 1GBまでの1280円ですが、2台目や Twitter程度なら980円の契約で大丈夫です。

 

でもYOUTUBEの動画やニコニコ動画もガンガンみたいって場合は、3G回線ではなく
WiMAXを使ったほうが良いでしょう。あっといまに1GBなんて使いきってしまいます。

3G回線は上記の980円で維持しつつ、以下のWiMAXに入ってみてはどうでしょうか。
LTEより速く、しかも転送量は無制限です。どれだけつかっても問題ありません。

難点は3Gに較べてサービスエリアが狭いぐらいですかね。


 

以上 iPhone5C の活用術でした。

iPhone5Sをキャリアで買った場合とSIMフリーで買って格安SIMを使った場合の比較

iPhone5Sをキャリアで買った場合とSIMフリーで買って格安SIMを使った場合の比較
kLOKn81
一番みなさんが、知りたいのはiPhone5SのSIMフリー版を買った場合とキャリアから買った場合の比較ではないだろうか。

今どき、新規で契約は少ないと思うが、結果から言うと、SIMフリーiPhone5Sと格安SIMのほうが
支払いは若干安い、しかし、LTE網が使えなかったり、各種保証がつかなかったり、一長一短

MNPでドコモ(DOCOMO)でiPhone5Sを買ったほうが、同等かよりオトクかもしれない。
ただし、そうはいっても、SIMフリーの魅力もある。

であれば大手の携帯会社3社以外で格安SIMを出しているところを使ってもよいかもしれない。

 

「MVNO」と呼ばれる通信会社をどうやって使うの?

MVNOを使うには、MVNOの専用「SIM(シム)カード」を購入することになる。
やすい分だけ、通信できる速度やデータ容量などに制限がかかっているが
それでも実用上十分なものだ。

なんといっても、維持費の安さが魅力だ。

11月22日の夕方、突如として日本のアップルストアでSIMフリーのiPhone 5s/iPhone 5cが登場した事に
より、いままで格安SIMやMVNOを知らなかった人まで、調べるようになって周知されてきた。

 

SIMフリーiPhoneの価格
16Gバイトモデル 32Gバイトモデル 64Gバイトモデル
iPhone 5s 7万1800円 8万1800円 9万1800円
iPhone 5c 6万800円 7万1800円

現在おすすめなのが、業界で今、最も安く、もっとも信頼できる通信会社OCN (NTTグループ)
ぜひ検討してみたい。

OCN モバイルエントリー d LTE 980で通信費を節約!月額980円で高速データ通信



iPhone情報とMNPお得情報 TOP » MVNO