iPad | iPhone情報とMNPお得情報

2013年度の上期出荷台数1位はApple(アップル) 好調な日本市場

2013年度の上期出荷台数1位はApple(アップル) 好調な日本市場
1383207632-1
多機能携帯電話 スマートフォンの出荷台数は前年同期比14.5%減の1,216万台となり、総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は73.9%(前年同期比4.5ポイント増)に上昇

その中で、2013年度 上期出荷台数1位はアップル社Apple の製品となった。
世界ではAndroidが幅をきかせているが、国内ではまだまだ人気のアップル製品

やはり、使いやすさ、直感的、デザイン、操作性すべてにおいてバランスがとれているからだろう。
iPhone5sも品薄が今も続いている。

参考データ
2013年度上期のメーカー別出荷台数シェアは、Appleが2011年度下期より半期別では4期連続で1位となった。
出荷台数は447万台(前年同期比2.2%減)でシェア27.2%(前年同期比4.9ポイント増)となった。

新しい「iPad」を競合機首と比較する。性能は?その結果は?新iPadは買いか?

新しい「iPad」を競合機首と比較する。その結果は?新iPadは買いか?

ipad-air-640x365
まずは、新しいiPad Airをみていこう。iPad Airは 他の機種と比べ、また競合他社とくらべて、圧倒的な差別化をはかることができた。前世代 iPad4からすれば140gの軽量化 その他SAMSONサムソンのGALAXY等の競合機種中を比較しても一番薄い、
そのなかで、最も厚みのあるものは「SURFACE PRO 2」は比較すると6mmも差が出る
薄さだけではない、中身についてもかなり革新的になっている

アップルではiPad miniとiPad Airの内部については公式な発表はないが両機種ともアップルの64ビットA7プロセッサーを搭載していると述べている。
また、iPad AirのRetinaディスプレイは、ほとんどの機種の解像度を大きく上回ることができた。
問題は値段だけのようだ。
指紋認証については、薄さがあだとなって搭載はされていない。

apple-live-0607

iPad mini Retinaディスプレイモデルは?

iPad mini Retinaディスプレイモデルは326ppiとなっている
もっとも競争が激しい機首となるが、競合するすべてのタブレットの中で最高の画素密度
となった。

しかしながら、重量は競合機のなかで最も重い331g
軽さをもとめて寝転んで使うには少しおもくなったかもしれない。

中身は iPhone5S のシステムをそのままつかっているようにも思える。
内部についてはわかれば、また続報をお伝えします。

 

アップル(Apple) iPad Air 発表。スペックと詳細は?販売日は?

アップル(Apple) iPad Air 発表。スペックと詳細は?販売日は?
apple-live-0579

ついに発表された
既存iPad2と併売だそうだ。 これは 第四世代 iPad4の後継機種となる。

まず値段は・・
apple-live-0607

16gで629ドルって高すぎはしないか。
円安で恐ろしい値段です・・(´・ω・`)消費税増税前に買わないともっと損をしそうです。

ネクサス7に圧勝できてるのはブランド力???
あとは価格なりに画質が勝ってるくらいか

Nexus7は16GB 230ドル
日本の販売価格は27800円

本当に勝負なるのか。
スペックは妥協せずに申し分なくいれてきたけど値段はりすぎててどうなるだろう。

あとmicroSDの声があるが、おそらくアップルは対応シない。
microSDが使えたら、みんな一番安い16GBのを買うだろう。
でもそれではAppleは儲からない。
割高なメモリを積んだモデルを買ってもらわないと。
だから、microSDはこれからも対応しないという話だ。

 

http://www.apple.com/jp/ipad-air/

iPad Air (Wifi)
16GB:51800円
32GB:61800円
64GB:71800円
128GB:81800円

16GBの価格訂正。

mini Retinaの価格

http://www.apple.com/jp/ipad-mini/

16GB:41900円
32GB:51800円
64GB:61800円
128GB:71800円

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » iPad