docomoのiPhone販売最下位 トップはソフトバンク | iPhone情報とMNPお得情報

docomoのiPhone販売最下位 トップはソフトバンク

Sponsored Link


docomoのiPhone販売最下位 トップはソフトバンク
アメリカ 米アップルapple の新型スマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」が2013年9月20日に発売された。当初の予定ではNTT docomo が参入してmnpで流れた顧客を戻すかとおもわれた。

img524227322f4de

しかし、ふたをあけてみれば・・

今回ドコモが参入てついに国内最大大手3キャリア au、ソフトバンクの三つ巴の戦いとなったわけだ。
しかし、ドコモが販売台数で他の2社から大きく後れを取っている。何故なのか
130826docomo

まず、docomo が戦略を誤ったとは、誰もがおもってはいるが、ドコモは2年前から携帯電話の契約者数を大幅に落としている。

その原因の一つとおもわれているのが米アップルの「iPhone」を扱っていないせいだとされてきたのだが・・。

2chやその他掲示板では
「ドコモが爆死。iPhone扱わないから一人負けとはなんだったの?」

iPhoneを扱っても、爆死したようだ。どうもいまさらiPhoneを扱っても、iPhoneを欲しかった層はすでにdocomoを離れているのではないだろうか。

現在ドコモの販売実績順位が6位と7位

マーケティング会社BCN

2013年9月24日に発表した携帯電話の週間売れ筋rank
(13年9月16日~22日)

ベストテンの9位までが「iPhone」
1位2位がソフトバンクの「iPhone 5s 32GB」「同64GB」、
3位4位がauの「iPhone 5 16GB「iPhone 5s 32GB」、

5位はソフトバンクの「iPhone 5 16GB」

ドコモは悲しいことに6位7位に

「iPhone 5s 64GB」「同 32GB」で登場する。

 

もともとiPhone欲しくて他社を選んだ人は2年縛りもあるので、すぐにドコモに戻れない。ジリジリもどるのに2年くらいかかるとする分析もある。

docomoは10年位上契約している古参ユーザーにもっと厚遇するべきなのではないだろうか。
mnpの争奪戦ばかり目を奪われがちだが、実は顧客をつなぎとめておくだけでずっとNO1を維持できるとなぜきがつかないのか・・

 


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » iPhone情報とMNPお得情報

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » DoCoMoでiPhone, iPhone, iPhone5C, iPhone5S, 国内ニュース » docomoのiPhone販売最下位 トップはソフトバンク