初心者向け格安SIM(MVNO)購入ガイド 運用スタイル編 | iPhone情報とMNPお得情報

初心者向け格安SIM(MVNO)購入ガイド 運用スタイル編

Sponsored Link


初心者向け格安SIM(MVNO)購入ガイド 運用スタイル編と題しましたが、今のスマホから格安SIMに移行するには、ある程度準備と運用の方向を決める必要があります。
iDDmages
詳しくはこちらから

ほとんどの方が、ドコモやAUやソフトバンクと契約して,iPhone または GALAXYなどのAndroid端末を使っているかと思います。

そして、月7000円や8000円払っており、何故こんなに高額な金額を払うのか疑問におもってきているはずです。格安SIMの存在をしって、そちらに乗り換えたいとおもっているから、この記事を読んでくれているはずです。

わかりやすく、最後までガイドしますので、よろしくお願いします。

さて、みなさんは、電話するのにも そのiPhone ネットをみるのにも iPhoneを使っているはずです。
もともと、電話とネットは別々のものでしたが、いつしか、だんだん融合して今のような形になっています。
格安SIMを活用するときは、電話はガラケーで行い、 ネットはスマホと分けたほうがメリットがでやすく、かつ簡単です。

ダウンロード (1)
もちろん、同じスマホに電話とネットを同居させることも可能ですが、かなりめんどくさい設定を強いられる事になるので、よほどの強いこだわりがなければ、2台持ちをおすすめします。

格安SIMの種類

格安SIMには データ通信専用と 電話番号もついてくる格安SIMがあります。
前者は 二台持ちの場合に利用して 電話番号がつけられる格安SIMは 1台で電話もできるようにするときに使うものです。

今回は まず先に、2台持ちで行う場合について解説します。後で1台だでけ運用するパターンも解説しますよ。

では、格安SIMの運用としてデータ通信用を用意する前に、
・Wi-Fiルータで運用する
または
・直接スマホに入れて運用する(ドコモ端末のみ)

どちらかを選択することになります。
直接スマホ(iPhone)に入れる場合は、ドコモで契約したスマホでしたら、格安SIMは動きますが、AUとソフトバンクですと、キャリアロックを解除する手順が必要になり、初心者にはおすすめできません。(ドコモの回線で動くのが格安SIMですので 違うキャリアの端末では動きません)

解説して欲しい場合は、後で開設しますが、ここでは、まず、ドコモでもAUでもソフトバンクでも全員が対応できる ・Wi-Fiルータで運用する方法をご紹介します。

 

Wi-Fiルータ選び

ドコモの回線が使えるWi-Fiルータ選び、そのWi-Fiルータに格安SIMを入れます。
スマホとは、Wi-Fiで通信させます。イメージとして、このような形になります。

ipodtouch-300x263

次の項目でWi-Fiルータを詳しく紹介しますが、今回の記事ではおすすめの機種だけ書いていきます。

これらのWi-Fiルータと 格安SIMを組み合わせて インターネットの通信 つまりデータ通信をするようにします。

 

ドコモ 純正 L-02F です。
発売年:2014年春
本体カラー:ブラックのみ

バッテリー駆動時間が LTE駆動でも約13時間と長く 3Gであれば16時間です。
値段も2万円を切っており、現在、最初に買うとすればこちらがお勧めです。

これより安いと、バッテリー駆動時間が短くなり、頻繁に充電をするようになってしまい、使いづらいということになりますので、はじめて買う人はこれがよいとおもいます。

現在 ドコモのWi-Fiルータでもっとも高性能なモデルが欲しい方はこちら

値段は2万円超えてもよいので、もっとも性能がよく電池も長持ちでどこでも速い機種がほしいという方はこちらです。

このルータはクアッドバンドLTE対応ルータとしては国内初といっており、NTTドコモの電波すべてを掴むことができます。要は サービスエリアがもっともひろく、どんな状況でも、一番速い速度で通信します。 値段をきにしなければ、こちらがもっともお勧めできるルータです。

気になるバッテリー駆動時間は 3G駆動時間で約12時間
LTE駆動時間:約12時間と 先ほどのL-02F より劣りますが
Bluetoothテザリング時:約24時間と、長くつかえます。
Bluetoothは速度はあまり出ませんが、ネット閲覧程度なら問題はありません。
動画サイトなどは厳しいですので Wi-Fiデザリングに切り替えます。

 

とりあえず、安いのが欲しい!!速度はそこそこでいいやという人には
こちらがおすすめです。

バッテリー駆動時間は短いですが、とにかく安いです。
しかし、上記の高い機種でも月々980円の24回払いで割賦販売がありますから、あえてこれを選ぶ事はないとおもいますが一応紹介しておきますね。中古で1万円以下なら買ってもよいとおもいます。狙うのは中古です。

安いかわりにバッテリー駆動時間がかなり厳しいです。
3G駆動時間:約5時間となっておりLTE駆動時間にいたっては約4時間です。
外出時 下手をすれば午前中でバッテリー切れをおこします。

会社について充電して、という使い方ではないと、一日使うことができませんので、
割り切った使い方にしかおすすめできません。

 


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » iPhone情報とMNPお得情報

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » MVNO, 格安SIM(MVNO)購入ガイド » 初心者向け格安SIM(MVNO)購入ガイド 運用スタイル編