ドコモは何故決算で苦境なのか?iPhoneを販売しても改善しない理由は? | iPhone情報とMNPお得情報

ドコモは何故決算で苦境なのか?iPhoneを販売しても改善しない理由は?

Sponsored Link


ドコモは何故決算で苦境なのか?iPhoneを販売しても改善しない理由は?
docomo_iphone_rumor_again_0
今年は、みんなが注目したドコモの決算
iPhone導入後、初の決算発表を迎えたNTTドコモだから、みなが注目していたが思った通りの発表にはならなかった。

DOCOMOは、そもそもやる気がないのか、納品までの待ちが長すぎで、発売日に予約した人が
一週間前にやっと入荷の電話もらったとのことだ。
他の知人も2ヶ月待ちだったり年内は難しいと言われたということもあり、
なかなか契約に繋がっていないようだ。

肝心の業績への影響が注目だが結局、「営業利益8400億円の目標は据え置き」で現状維持。
年間の純増数の目標についても、今期185万件と、こちらも据え置きだった

またプレミア感演出の iPhone5sの戦略にもdocomoはわりくってる感じだ
欲しくてもものがないのである。
来年にならないと、この品不足は解消しないという。

DOCOMOの決算の数字に反映してくるのは、来年3月をすぎたあたりになるとみられている。


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » iPhone情報とMNPお得情報

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » DoCoMoでiPhone, iPhone » ドコモは何故決算で苦境なのか?iPhoneを販売しても改善しない理由は?