【docomo編】iPhoneのお得な買い方は?MNPと機種変更違いは? | iPhone情報とMNPお得情報

【docomo編】iPhoneのお得な買い方は?MNPと機種変更違いは?

Sponsored Link


【docomo編】iPhoneのお得な買い方は?MNPと機種変更違いは?
130826docomo

さて、docomoユーザーが機種変更した時どうなるかみてみよう。
ドコモユーザーが機種変更してdocomoにとどまる場合だが、iPhone 5cと、iPhone 5sの16GBモデル
これは、実質負担額が0円になるので、
月額の支払額は6555円、iPhone 5sの32GBモデルは6975円、
同64GBモデルは月額7395円が月額の支払額
dococo

されに、もう少しよい機種が欲しい場合は、
iPhone 5sの32GBモデルは1万80円、64GBモデルは2万160円の「実質負担額」がある。
「実質負担額」を月額に換算で
iPhone 5sの32GBモデルが月420円の負担、
同 64GBモデルが月840円の負担となる。

では ドコモユーザーがドコモからMNPした場合は?

結果から先にいうとドコモユーザーは動かないほうが良い。

ソフトバンクとKDDI auは
「基本使用料」は月額980円
「ISP料金」は月額315円
「パケット通信料金」は月額5460円

となり、合計は6755円 ドコモよりも200円高いのだ。

そして、MNP転出手数料が2100円
転出先であるKDDIやソフトバンクモバイルの新規契約の事務手数料が3150円
あまりメリットがない。

よって、ドコモは、KDDIやAUから転出してくる人を受け入れるのもよいし、
機種変でdocomoに留まってくれる人にも安いというわけ。

戦略的に価格設定されていますね。


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » iPhone情報とMNPお得情報

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » DoCoMoでiPhone, iPhone, iPhone5S » 【docomo編】iPhoneのお得な買い方は?MNPと機種変更違いは?