スマホのシェアiPhoneが健闘し増加!今後はどうなる?シェア争いの行方 | iPhone情報とMNPお得情報

スマホのシェアiPhoneが健闘し増加!今後はどうなる?シェア争いの行方

Sponsored Link


スマホのシェアiPhoneが健闘し増加!今後はどうなる?シェア争いの行方
003l

世界的にはAndroidが優勢だが、日本国内にかぎってみては、どうも違うようだ。
国内のスマホOSシェアはAndroidが63%、iOSが35%に なり
2013年9月末のスマートフォン契約数をOS別に見ると、
Androidスマートフォン契約数が3157万件(63.0%)
iOS(iPhone)が1787万件(35.6%)

2013年1月末と比較すると、Androidのシェアは0.3ポイント減少、iOSは0.8ポイント増加となった

不具合だらけのAndroidはオモチャと揶揄するこえもあるが、実用に耐えるのはiPhoneだけということなのだろうか。

また,iPhoneは、Androidと違い、売り方のモデルが違うのがユーザーにうけているようだ。

Android
広告無料モデル、地上波TV、薄利多売で庶民向け、無料アプリ多い、端末安い、多様性重視
iOS
審査厳しいストアで安心保証モデル、ペイパービュー、ブランド品で富裕層向け、無料アプリ少ない、端末高い(国内iPhoneのみ除く)、品質管理重視

となる。どっちが安心か・・それは見るからに明白だろう。

 


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » iPhone情報とMNPお得情報

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » iPhone, iPhone5S » スマホのシェアiPhoneが健闘し増加!今後はどうなる?シェア争いの行方