iPhone5s ベンチマーク結果 5sはCPU性能が5より下がるのはなぜか? | iPhone情報とMNPお得情報

iPhone5s ベンチマーク結果 5sはCPU性能が5より下がるのはなぜか?

Sponsored Link


iPhone5s ベンチマーク結果 5sはCPU性能が5より下がるのはなぜか?
結果がすべてのベンチマークだが、3Dの演算性能で5Sと旧型iPhone5で差が付いている。
ダウンロード (1)
なぜiPhone 5sとiPad Airは3DMark物理テストの結果が悪いのだろうか。
結論から言うと、A7は、アーキテクチャ的に物理演算のような処理が苦手なのだとか。
今回使用した3DMarkは、物理エンジンに「Bullet物理ライブラリ」を採用しオープンソースとして一般的だ。PlayStation 3、Xbox 360、Wii、PC、Android、iPhoneといったあらゆるものに使われている。

つまるところ、ランダムアクセスに弱く、シーケンシャルアクセスに強いという結果になる。
以下の結果が直線番長を物語っており旧型iPhone5より速い

ゲームなどはあまりやらないだろうが、スペックを追求したいAndroidユーザーにとっては
気になる情報だろう。

fpの計算は普通にA6より速い

Geekbench 3.0.0 Compute Performance
Integer (ST) Integer (MT) FP (ST) FP (MT)
Apple A7 1.3GHz 1065 2095 983 1955
Apple A6 1.3GHz 750 1472 588 1165
A7 Advantage 42% 42% 67% 67%

http://www.anandtech.com/show/7335/the-iphone-5s-review/3

 

images


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » iPhone情報とMNPお得情報

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » iPhone, iPhone5S » iPhone5s ベンチマーク結果 5sはCPU性能が5より下がるのはなぜか?