前田敦子(元AKB48)[『あさきゆめみし~八百屋お七異聞]が爆死 惨敗 | iPhone情報とMNPお得情報

前田敦子(元AKB48)[『あさきゆめみし~八百屋お七異聞]が爆死 惨敗

Sponsored Link


元AKB48 前田敦子が主演する時代劇『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』
が大爆死・・。視聴率が低空飛行 下落の視聴率のわけをさぐる。
mainimage
視聴率の下降が止まらない。

なぜ惨敗なのか。お金
1つは宣伝不足もあるが、
あまりにも演技がへたくそでテレビを壊したくなったぐらい、演技が下手。
前田敦子の演技はみるにたえない。

あさきゆめみし事態は、非常によいお話
お七(前田)が恋人(池松壮亮)に会いたい一心で放火事件を起こ、火刑に処された1683年の実話「八百屋お七の放火事件」を描いた悲恋時代劇。

ファンにとっては前田の“火刑シーン”も期待しているはずだが

前田敦子案件、ドラマ、映画ははずれるのは、もうジンクスなのか。
八百屋お七も、はずれ。

江戸は、世界一の大都市で、世界一のリサイクル
最先端のゴミ処理システムで世界一清潔な都市だった。

AKB関係だからというと大人は見る気が亡くなる。
相手役池松には気の毒だった。

見た感想。
・表情が暗い。お七やるからってあんなに暗い表情で通さなくてもいいじゃん。
・セリフがモゴモゴ。何言ってるかわかんないときが多い。
・致命的に時代ものの立居振舞ができてない。ダメダメレベル。
・相手の男優が糞すぎ

今後の展開はどうなるやら・・


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » iPhone情報とMNPお得情報

iPhone情報とMNPお得情報 TOP » 前田敦子, 未分類 » 前田敦子(元AKB48)[『あさきゆめみし~八百屋お七異聞]が爆死 惨敗